かわいいファンタジー漫画「コレットは死ぬことにした」

幸村アルトさんの漫画「コレットは死ぬことにした」6巻を読みました。

コレットのお義兄さんであるイタンがやってきて診療所に滞在してくれることになったため、この機会を利用してコレットが急きょ里帰りを決めたエピソードからのスタートでした。

大勢の人たちに見送られながら旅立つコレットを見たら、胸がいっぱいになってしまいました。

孤児だったコレットが故郷だと思える場所ができて、本当に良かったですね。

足がボロボロになるほど張り切って歩く姿は、コレットらしくて微笑ましかったです。

旅の途中でやんごとなき人を助ける羽目になり、それがハデス様の姉デメテル様だったのにお互い名乗らないまま別れたのは、心憎い展開でほのぼのしました。

そして、コレットが「冥府は明るくていいなあ」と何気なく口にした一言がハデス様を嬉しくさせたシーンは、とても印象に残りました。

前巻の天界でのパーティーのような派手な出来事は無かったですが、この二人の間には確かな絆を感じて温かい気持ちになります。

家来のガイコツの頭って外れるんだな、と妙な点に気づくことができたのも面白かったです。

アイスピック 夏のオトシゴって言う、JKの寝取られエロ漫画もエロくて面白かったですよ。

「カードキャプターさくら」から学んだLGBTとジェンダーフリー

有名かつ人気なので知っている人も多いだろう漫画、「カードキャプターさくら」。

連載開始されたのは20年近く前になるが、去年ファン待望の続編が連載開始され話題を呼んだ。

私もそのファンの1人なので嬉々としてその続編を読んでみたが、やはり本編には劣るというのが正直な感想だ。

あの少々時代を感じる絵と、それと真逆に斬新で未来的ストーリーが良いのだ。

ではその「斬新で未来的ストーリー」がどのようなものかと言うと、今で言うLGBT、ジェンダーフリー要素が多数練り込まれているのである。

たとえば主人公である木之本桜の家は母親のいない家庭であるが、家事はすべて当番制で行われており、それは小学生の桜ちゃんも例外では無い。

大学で考古学を教える優しい父は子どもたちをさん付けで呼び、いつも可愛らしいエプロンをつけており家事スキルが一番高い。

桜ちゃんの兄は妹に対し意地悪なところもあるが実はシスコンで父同様家事スキルが高くいつも割烹着を着ている。

基本的にこのアニメでは男女問わず家事スキルの高いキャラクターが多く、細かな設定にもジェンダーフリーな部分が多くみられる。

また、小学生向けなので直接的ではないが、同性愛の描写も多い。

私はカードキャプターさくらを読み自然にLGBTを受け入れ、ジェンダーフリー思想を学ぶことができた。

古い漫画ではあるが今読んでも全く古さを感じさせないので、ぜひ今の小学生にジェンダーの教科書として読んでもらいたいと思う。

今人気ジャンルの寝取られ漫画でおすすめなのが、ちくわんこの従兄妹エロ漫画、夏山車中です。

バカにしていた従兄に復讐される女の子の話。

無料立ち読みでエロ画像の試し読みができます。
↓ ↓ ↓
夏山車中 無料立ち読み漫画・ネタバレ|ちくわんこ従兄エロ同人誌