アニメ放送が開始した「青の祓魔師」の原作コミックを読み返しました

「青の祓魔師 京都不浄王篇」のアニメ放送が開始されたので、原作のコミックスを1巻から読み返してみました。

青の祓魔師のコミックスは発売される度に発売された巻だけを読んでいたのでいまいち内容を理解していなかった所があったようで、こうやって再び一気に読み返してみるときちんと話を理解する事が出来て良かったです。

今回アニメでも放送される京都の話は青の祓魔師の中でも大好きな話なんです。

私はこの作品で一番好きなのが勝呂竜士なので、その家族や周りの人達が登場するこの話はとても大好きです。

勝呂竜士の父である勝呂達磨は最初は凄く頼りない人だなと感じたのですが、それも全部皆の為にやっている事だったりと好きなキャラの一人になりました。

燐がサタンの子だからと離れてしまっていた勝呂を始めとする仲間たちと、再び仲良くなれるのもこの話の好きな所です。

燐に対して敵意むき出しになっていた勝呂が、戦いの場面で自分の身を危険に晒しても大丈夫と思えるほど燐を信頼するようになった所がとても良かったです。

アニメだけじゃなく原作もどんどん面白い話が続くので、これからも楽しみな作品です。

叔母さんと甥こーちゃんのエロエロな関係を描いた、黒猫スミスの人気作、叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料立ち読みできるんで、興味ある人は試し読みしてみてください。